住友林業

家づくりの特徴

戸建住宅と木材建材販売の二本柱で、業界大手のハウスメーカーです。住友林業は住宅会社としてだけでなく、木材建材事業や山林事業といった「木」を扱う企業として、日本有数の実績と知名度を持つ会社です。

木材調達から加工、住宅供給までのあらゆる知識とノウハウを有する企業というのが、大きな特徴です。ですので、営業担当者など社員の木に対する知識や愛着は、ハウスメーカーの中でもトップクラスです。日本の森林を自社で所有しているため、国産木材を多用した住宅が目玉。そのため、木造軸組工法を主力としています。坪単価は他社より高めですが、木の家や和風の家といったものにこだわりがある層から根強い人気を持っています。

●坪単価の目安 70~80万円(工事費別)

住友林業のこだわり

耐震性・耐久性・耐火性と、3つ全てに優れた高性能な家づくりを実現している住友林業。安心して長く住めるようにとの想いから、手厚いフォローが好評です。そんな住友林業のこだわりポイントをまとめました。

健康的で温かみのある安全性に優れた住環境を提供

住友林業は木を用いた家づくりを得意としている会社です。社名に林業を入れて背負えるほど、木造住宅に関する知識・技術に優れています。木造住宅でネックに思われている耐久性や耐火性を高めて、安全性の高い健康的で温かみのある住環境の提供を実現。耐震性・耐久性・耐火性の観点から、どのように安全性に優れているのか、住友林業が採用しているマルチバランス構法を元に見ていきましょう。

地震による建物の変形を最大70%抑える高い耐震性

グッドデザイン賞を受賞した「地震エネルギー吸収パネル」を開発。地震エネルギーによる建物の変形を最大で約70%も抑えることに成功しました。大きな地震に耐えきれる力があるだけでなく、繰り返しやってくる中小地震に対しても優れた耐震性を誇っています。高い耐震性の秘密は、高剛性・高減衰ゴムです。運動エネルギーを熱に変換して吸収する働きによって、地震で生み出される衝撃を吸収。ゴムのお陰で建物の変形を最小限に抑えることができます。

急激に広がる火を食い留める延焼防止のせっこうボード

住友林業は、天井や壁に火に強いと言われているせっこうボードを使用。せっこうボードの内部には、20%以上の結晶水が含まれているので、火災で発生する熱を吸収しながら水蒸気を放出させます。熱を放出できるため、せっこうボードの表面温度はほぼ100度を維持したまま。過剰に温度を上げることがないので、出火元となる部屋内で長時間火災を留めておくことができます。

独自の通気層を用いて通気性をアップ

通気が十分にされていないと、湿気が溜まり木材を腐らせる原因となります。そのため木材住宅は鉄筋住宅よりも通気性を上げなければいけません。住友林業では外壁に独自の通気層を設けることで、湿気の侵入を防ぎます。もし湿気が侵入した場合は、独自の通気層を通すことで1カ所にまとめずにムラなく排出。排出を全体に広げることで壁の結露を低減させます。

将来を見据えた家造りを手助けするお申し込み制度

住友林業の「お申し込み制度」とは、営業・設計・インテリア・生産と、家造りにおける一連のラインで専門のプロに相談できるシステムです。お客さんに合わせた専任チームが発足されるので、設計要望が固まっていない場合は一から相談して理想の家造りを設計していくことができます。家の内装や外装の要望だけでなく、家造りに関するお金や保険に関する相談も受け付けているため、無理のない範囲でローンを組めますよ。

将来を見据えた家造りができるように手厚いフォローを行なってくれるので、不安に思う方は申し込み制度を利用すると良いでしょう。家造りを行なっている最中に、変更したい点や解消したい問題があった場合も、すぐに対応して動いてくれます。

口コミ

  • うちは狭小住宅なので効率の良い間取りを希望しました。材木で「うちは檜4寸ですよ!」とアピールされるメーカーさんもいらしたが、檜4寸に壁が回ったら、部屋が狭くなります。住友林業さんは角柱4寸で、間柱3.5寸でした。強度が保たれるのなら、細い集成材でも広い部屋が取れる方が、うちの場合は良かったです。
  • 着工してから変更が効く、これが一番住友林業さんでよかったなと思ったことです。設計図面を見ている時では気が付かなかったことが、形になって初めて気が付くことがいくつもあり、また、色々目が肥えてくるのは着工合意したころ。別の会社では着工合意した後は一切変更できないと言われ、ちょっと引いてしまいました。ですが住友林業さんは現場に行って、まだ変更が間に合う箇所は対応していただけました。むしろ「慣れている」という雰囲気でした。
  • やっぱり住友林業で建ててよかったです。1年住んでみて家は快適そのものですし、多少の不具合は木の家だしなと感じています。隣家の室内は夏冬の外気温に大きく左右されるとのことで、なんだか大変そう。多少高い買い物であったとしても、住友林業で安心安全快適な家を造ってもらえたことは家族の最大の価値だと感じている次第です。
  • 旦那が2つこだわったのは、寝室の床材をウォールナット・リブ木目調軒天。特に軒天を変えたいと言い出したのは着工合意後だったので、担当者さんを困らせたと思うんですが、それでもやりたい!と希望。結果、対応していただきました。
  • 住友林業さんの住宅展示場に、たまたま近場ということもあってちょっと寄ってみようということになりました。玄関前の時点で素敵でした。他にも壁紙の使い方が参考になったり、照明が凄く素敵だったり、トイレの作り込みが素敵だったり。参考になりまくりポイントがアチコチに。もっと早く見に来ればよかった!と何度も思いました。

施工事例

吹抜けを効果的に利用して明るさを確保

面積一坪の吹抜けを設け、さらにウッドデッキをL字型で囲み、開口部も大きく取ることで、光と風が入ってきます。

住友林業の施工事例

画像引用元:住友林業株式会社公式ホームページ
http://sfc.jp/ie/style/detail/0102

大きな窓から差し込む日差しで人や犬に心地よい空間を

タイルや壁の色味をグレーベージュが基本となる落ち着いた色にすることによって、外に広がる景色をより映えさせてくれます。大きな窓に差し込む日差しが温かく、人だけでなくペットの犬にとっても心地の良い空間に仕上がっています。

住友林業の施工事例_大きな窓

画像引用元:住友林業株式会社公式ホームページ
http://sfc.jp/ie/style/detail/2701

太陽の恵みを余すことなく盛り込んだお財布に優しい家

屋根に太陽電池モジュールを搭載。3面だけで6.56kWの容量を確保することができます。日中の電気はもちろん、夜間に使っても余るほど十分な量をまかなえるので、その分を売電に回すことが可能です。

住友林業の施工事例_太陽光電池

画像引用元:住友林業株式会社公式ホームページ
http://sfc.jp/ie/style/detail/0703?photo=48

基本情報

社名 住友林業株式会社
住所 〒100-8270 東京都千代田区大手町一丁目3番2号
営業時間 展示場により変動
定休日 展示場により変動