HOME » 目黒区で一戸建てが建てられる会社リスト20 » テラジマアーキテクツ

テラジマアーキテクツ

家づくりの特徴

テラジマアーキテクツは1958年に工務店として創立し、55年以上の歴史を持ちます。現在は半世紀を超える実績を持つ工務店と、数多くの建築家を擁する設計事務所の二つの面を両立させ、東京や神奈川での住まいづくりを手がけています。

高品質を維持できる最大棟数として年間40棟の住宅に関わっており、どれも半世紀以上に渡って積み上げてきた経験を基に、都市部ならではの住まいの需要を熟知した建築家たちが「光と風」をテーマに、その場所において最も心地よく暮らせる住宅としてデザインしています。

高い機能性と、建築家によるモダンなデザインを両立したプランニングを最も得意としており、また自社内で設計から施工まで一貫して管理することで、性能品質を維持します。さらに、熟練の技術を持つ職人集団「建心会」とともに、代々住み続けられる『本当に価値のある住まい』を提供します。

●坪単価の目安 67万円~

テラジマアーキテクツのこだわり

長年の経験から高い機能性をもつ注文住宅を施工できる、テラジマアーキテクツのこだわりポイントをみていきましょう。

高い耐震性を誇るSE構法

SE構法を標準採用しているテラジマアーキテクツ。SE構法とは、耐震性に優れていながらも自由度の高い空間を作り上げることができる技術です。SE構法が発達したことにより、スポーツ施設や教育施設などの大規模な建築物が、木造でも建てられるようになりました。耐震性に優れている理由は、いくつかありますが、今回は代表的な3つについて説明します。

1.構造用集成材の採用

強度が高い理由は、木材全てに構造用集成材が使用されているからです。構造用集成材とは、ラミナと呼ばれる木材を十分に乾燥させ、計算しながら貼り合わせた加工木材(エンジニアリングウッド)を指します。構造用集成材は一般的な木材と比べて含水率が低い上に、部材ごとに強度が表示されているので、使用する箇所に適した構造用集成材を充てることが可能です。

2.梁(はり)と柱が接合する部分の断面欠損が少ない

従来の木造工法で梁(はり)と柱を繋げる場合、ほぞと呼ばれる穴を加工して接合するのが一般的。ですが、柱に穴を空けてしまうと、そのぶん耐久度が落ちてしまいます。SE構法では特殊な金物を用いることで、断面の欠損を抑えることが可能に。使用する木材が乾燥しているお陰で収縮が少ない上に、ボルトで強固に接合しているので、揺れに対して強い構造となっています。

3.構造計算による裏付け

SE構法が地震に強い理由は、何と言っても構造計算システムによるものでしょう。構造計算は、マンションやビルなどの鉄筋コンクリート造りでは当たり前に用いられている手法です。災害に強い建物を造るため、専門の構造設計士が多角的に数字を計算して、必要な部材と太さを決めていきます。構造計算を取り入れることで、SE構法による耐震性に優れた木造住宅の建築ができるようになりました。

完全自社設計だから要望が反映されやすい

設計から施行までの全てを行なってくれるので、要望が反映されやすいです。自宅建築は希望や要望が多くなるもの。設計会社と施工会社が違うと、細かい内容がうまく伝わらずに要望内容と違った出来になってしまうのは、決して珍しい話ではありません。とことんこだわった自宅建築を行なうなら、設計と施工を一貫して行なってくれる会社を選ぶべきです。

設計・施工の一貫体制を取っているテラジマアーキテクツの強みは、充実したアフターメンテナンスにあります。住みやすい家を維持させるため、定期的なメンテナンスを実施。最長20年保証があるので、何か問題が発生したとき、すぐに対応してくれます。また、修繕やリノベーションを希望する場合も一貫体制の良さが活きます。施工内容だけでなく家づくりに関する今までの流れを把握しているので、要望から着工までがスムーズです。「家のかかりつけ医」のように、すぐに相談できる関係性が築けるため、家に関する全てのことを安心してお任せできます。

口コミ

  • 担当の方は、どんな質問にもほとんど数時間以内でお返事がいただけましたし、誠実な方なので信頼できました。大手と違ってガツガツした部分もなく、こちらが心配になるくらいです。センスも提案力もあって、今のところ選んでよかったというのが実感です。誰が建てるのかわからない大手と違って、こちらは顔の見える職人さんに作っていただけるのが利点だと思います。人手が限られているので年40件の依頼のみ受け、確実な仕事をしていくというビジネスモデルに堅実さを感じています。
  • 大手ハウスメーカーだと設計が終わったら変更しない、できないケースが多いと聞きました。けれどテラジマさんの場合は細かい変更も打ち合わせ中柔軟に対応してくれますし、家づくりを一緒にしている感じが強いです。ただ、デザインは最初のものがかなりデフォルメされているので、作りこむ中で予算と相談しながら変わっていくところに注意が必要かと。私はテラジマさんにお願いして良かったと思います。
  • 完成した家にはとても満足しています。特にお気に入りのポイントはリビングです。西向きなので、夕日が沈んでいくのが綺麗なんです。夕焼けになって、星が現れ、月が現れる。窓からは空しか見えないので、まるでリゾートホテルのように寛げます。
  • 家にいるのが毎日楽しいです。空、月、庭が見えるので、とても豊かな気持ちになります。2階の大きなテラスには何も置かず、フリースペースとして活用してます。これからも色々と計画があるので楽しみです。
  • 窓ガラスが大きい施工事例が多いので、夏は暑く、冬は寒いのでは?という意見もありますが、ガラスは大きくても、光の入り方が季節と時間ごとにコンピューターでシミュレーションされています。我が家はテラジマアーキテクツ作品の中でも特に窓が多い家ですが、夏冬関係なく大変快適です。

施工事例

中庭のある暮らし

敷地面積142.98 平方メートル、延床面積175.98 平方メートル、周囲を住宅地に囲まれた家です。建物内部に大きな中庭を造ることで、光と風を全体に供給、どこにいても中庭の緑を感じられる演出になりました。

テラジマアーキテクツの施工事例
画像引用元:株式会社テラジマアーキテクツ公式ホームページ
http://www.kenchikuka.co.jp/sakuhin/72/

機能的なモダンデザインによる居心地の良い空間

敷地面積142.98 平方メートル、延床面積175.98 平方メートル、周囲を住宅地に囲まれた家です。建物内部に大きな中庭を造ることで、光と風を全体に供給、どこにいても中庭の緑を感じられる演出になりました。

テラジマアーキテクツの施工事例_モダン
画像引用元:株式会社テラジマアーキテクツ公式ホームページ
https://www.kenchikuka.co.jp/design/simple-modern/

お客さんの要望を最大限活かすためのアクセント

無機質な空気感を演出したいとお客さんが選んだグレータイルをより引き立てるため、木の温かみを感じるインテリアをチョイス。木のインテリアを足すことで、モノトーンがより映える仕上がりになっています。

テラジマアーキテクツの施工事例_アクセント
画像引用元:株式会社テラジマアーキテクツ公式ホームページ
https://www.kenchikuka.co.jp/design/simple-modern/

基本情報

社名 株式会社テラジマアーキテクツ
住所 【駒沢オフィス】〒152-0031 東京都目黒区東が丘2-12-20
【青山オフィス】〒107-0061 東京都港区北青山3-13-12
営業時間 不明
定休日 不明