HOME » 目黒区に住む前に知っておいてほしいこと

目黒区に住む前に知っておいてほしいこと

このページでは目黒区の坪単価やマンション・戸建て事情についてまとめています。

目黒区ってどんな街?

静かで落ち着いた雰囲気が魅力的な目黒区。おしゃれな街や、学芸大学などの学生街などが集まっています。

また、多数の芸能人が住んでいることでも有名な地域です。地域コミュニティのパトロールなど、防犯に対する取り組みが積極的であるため全体的に治安もよく、「住みたい街ランキング」の上位に名を連ねています。

桜の名所として有名な「中目黒」、雑貨屋やインテリアショップが多く、買い物には困らない「自由が丘」など、憧れのイメージが強い目黒区ですが、いざ住んでみよう!となる前に、知っておくべき事柄もいくつかあります。

土地・坪単価のこと

目黒区に住もう、目黒区に家を建てたい、と思ったら、最初に調べるべきは土地の価格でしょう。交通アクセスや立地が良いため、マンションですら古い物件でも人気が高く、価格も高めです。山手線の駅周辺の土地で、一平方メートルあたりの土地価格が100万円を越えるのは秋葉原、渋谷、恵比寿の3駅。90万円以上が田町、品川。そして、目黒は90万円に届くか届かないかという地域です。60平方メートルで考えると、5000万円ほど。山手線内でも、かなりの高額エリアなのです。

土地・坪単価についてもっと詳しく>>

マンションと戸建のこと

目黒区は、古くから開発されてきた地域であるため、駅周辺、通り沿いも含め、すでに建物が建っている場所が多く、規模の大きな新築マンションができれば話題になりますし、すぐに売れてしまいます。中古マンションですら人気がありますから、昭和40年代、築年でいえば30年以上という物件も少なくありません。それでも価格は高めです。都内であればマンションというイメージが強いですが、目黒区で土地が購入できるならば、戸建ても視野に入れると、案外コストが抑えられます。

マンションと戸建についてもっと詳しく>>

住環境について

目黒区に住むなら、土地や住居だけでなく、住環境についても知っておいた方がいいでしょう。古くから歴史がある一方、ターミナルとして便利な街です。都内で働く独身者にとって便利な側面が多く見える目黒区ですが、実は子育てファミリーも暮らしやすい地域なのです。

住環境についてもっと詳しく>>