HOME » 目黒区に住む前に知っておいてほしいこと » 注文住宅!オール電化とガス併用のメリット・デメリットを徹底検証

注文住宅!オール電化とガス併用のメリット・デメリットを徹底検証

オール電化とガス併用のメリットとデメリットは以下の通りです。

ガスを一切使わない「オール電化」

その名の通り、給湯や暖房、調理に至るまで家の中のエネルギーを全て電気で賄うシステムのことです。

例えば給湯は電気温水器、暖房はエアコン、調理はIHクッキングヒーターを導入し、ガスを一切使いません。

最近ではソーラーパネルを取り入れ、自家発電できるよう設計されたプランなどもあり、光熱費を抑えることができるよう日々技術が進歩しています。

メリット

オール電化のメリットはまず、「安全性が高い」ということです。

ガスを使用しませんので室内の二酸化炭素濃度が高まり中毒になってしまう可能性はありませんし、火災の発生リスクがガス併用に比べて圧倒的に少ないです。

幼いお子様やご高齢の方がいらっしゃる世帯の場合は特に、事故が起きるリスクを減らすことができるので安心です。

次に、「場合によっては光熱費が割安になる」というメリットがあります。

オール電化は電気代が高くつくとイメージなさっている方もいらっしゃるかと思いますが、お住まいの地域や使い方、加入する電気料金のプランによっては割安になることがあります。

例えば都市ガスのない地域におきましては、多くの場合割高のプロパンガスと併用するよりも、オール電化にする方が月々の光熱費が安く済むのです。その証拠に、プロパンガスの地域の世帯を中心にオール電化の導入が進んでいます。

また、ライフスタイルに合わせて電気代が割安になる時間帯の料金プランを上手に選びますと、電気代を大幅に抑えることが出来ます。

デメリット

ガス併用の住宅に比べますと、初期費用が40万円前後高くなってしまうというデメリットがあります。また、災害時などにより、突然停電しますと何もできなくなってしまうというリスクもあります。

そのほか、導入する電化製品に制限や条件がついたりすることも。

例えば、IHクッキングヒーターは特殊加工が施されたIH対応の調理器具以外は使用することが出来ません。オール電化対応の湯沸かし器には専用のタンクの設置にそれなりの場所が必要です。

IHクッキングヒーターで調理する際、ガスの調理に慣れている方は直火を使用できず調整が難しいと感じられるということもあるようです。

用途によって使い分ける「ガス併用」

日本ではエネルギー源にガスと電気を併用している世帯がほとんど。 調理や湯沸かしはガスで、暖房器具はエアコンなど電気を使用する家電を使用するといったように、住宅やお好みに合わせて分けて使用します。

メリット

都市ガスを併用する場合、ガス代がかなり安いので光熱費を抑えることが出来るというメリットがあります。また、災害時などに停電したとしても、ガスが通っていると調理などを行うことができるので、リスクを分散することが可能です。

そしてオール電化時に設置される給湯器やIHクッキングヒーターなどに比べ、ガスを使う給湯器やコンロは設置面積が少なく、取り付けが簡単で費用が安いというメリットもあります。

デメリット

プロパンガスを使用する場合、光熱費が高くついてしまうというデメリットがあります。ガスを使用する給湯器やコンロは火災など、事故が発生するリスクがオール電化よりも高くなってしまうこともあるでしょう。

この点から、内装で使用する素材などが法律で規制されており、オール電化よりも選択できる範囲が狭いということもあります。

オール電化とガス併用にはそれぞれメリットとデメリットがあり、お住まいの地域や生活スタイルによって選ぶ必要があります。

注文住宅を建てる際には、紹介させていただいた情報を参考にしつつ、費用や光熱費をより抑えることができる方を導入してください。