HOME » 目黒区に住む前に知っておいてほしいこと » 注文住宅を建てるなら知っておきたい!業者を選ぶ5つのポイント

注文住宅を建てるなら知っておきたい!業者を選ぶ5つのポイント

注文住宅の購入は非常に大きな買い物です。多くの人にとって「人生で最も高い買い物」となるため、後悔しないためにも信頼できるパートナーを見つける必要があります。

ただ、残念なことに世の中に存在するのは良い業者だけではありません。

良い業者に注文住宅の建設を依頼するために、知っておきたい5つのポイントをご紹介します。

ポイント1. 複数の業者をまとめて比較!好みで選別しよう

注文住宅の業者を探すなら、複数の業者をまとめて比較できるサイトや情報誌を利用する方法がおすすめです。また、施工業者によって得意なデザインは違います。北欧風のおしゃれな住宅を建てたいと考えている人が和風建築を得意とする業者に施工をお願いしても、満足のいく出来は期待できないでしょう。 デザインや間取りは注文住宅で最もこだわる部分ですから、サイトや情報誌を見ながら直感的に好みだと思う業者を探しましょう。

さらに詳細なデザインや間取りは、業者のパンフレットや公式サイトを見比べて判断してください。

ポイント2. 建設現場を見学して施工管理のレベルをはかろう

施工管理が上手な業者は、工期の遅れや作業のミスがありません。そして「どのくらい施工管理がしっかりしているか」は、建設現場を見ればある程度判断できます。 細部への気配りが雑な業者は、施工管理も雑になることが多いです。

そこで気になる業者の工事現場を探して、養生シートを確認してみましょう。養生シートにゆるみやたわみがある場合、作業員の安全性や周囲への配慮といった建設作業の基礎をおろそかにしている可能性が高いです。

ポイント3. モデルハウスや施工事例はたくさん見せてもらおう

モデルハウスや施工事例を参考にする方法は、業者の技術力を確かめる最も手軽な手段です。特に、モデルハウスは見学に来た人へ営業をかけるために用意されているものですから、どこの業者もデザインや設計に力を入れています。もし、モデルハウスを見て床や階段、壁材の仕上がりなど技術力の面で気に入らない点があった場合、実際に工事を頼んでも満足いかない可能性もあるため注意しましょう。

ポイント4. 粘り強い営業マンを選ぼう

注文住宅を購入するうえで、一番長く付き合うことになる人が営業マンです。技術力が高くデザインが素敵な業者でも、営業と相性が悪ければ設計士や作業員に希望がうまく伝わりません。また、一見愛想が良くても、契約を急かしたり値引きをしたりする営業とは焦って契約をしないようにしましょう。売上成績だけを気にする営業の場合、契約をした途端に連絡がつきづらくなる可能性もあるのです。

迷ったり悩んだりしても急かさず、粘り強く提案してくれる営業マンを選びましょう。

ポイント5. できるだけ多くの業者と相談してみよう

一社だけ、一度の相談だけで理想の業者を見つけることはできません。サイトを利用して気になる業者をピックアップしたら、とにかくできるだけ多くの業者と連絡を取ってみましょう。たくさんの業者とやり取りをすることで、一社を見ただけではわからないことも比較して考えられるようになります。注文住宅への希望がより具体的になり、予算内で可能な範囲などの知識も増えていくのです。

結果として希望の伝え方もうまくなり、業者とスムーズにやり取りできるようになります。

サイトや情報誌も活用して相性の良い業者を選ぼう

注文住宅を建てるうえで大切なのは、気に入る業者や営業を見つけることです。業者の技術力や施工管理の正確さはテクニックで確かめられます。しかし信頼する業者を見つけるためには、とにかくたくさんの業者と話してみるしかありません。とはいえ時間は有限です。優良業者をまとめたサイトや情報誌をうまく活用して、一番相性の良い業者を選びましょう。