HOME » 目黒区に住む前に知っておいてほしいこと » 目黒の注文住宅会社のデザイン性をどう評価する?

目黒の注文住宅会社のデザイン性をどう評価する?

 目黒区は「住みたい街ランキング」で、必ずといっていいほど上位にランクインする場所です。青葉台、自由が丘。中目黒など人気が高い街が数多くあります。お洒落な街として有名ですが、さまざまな施設や名所もあるので、長く暮らすにはピッタリな場所なのです。では、目黒区に注文住宅を建てる場合はどのようなことに気をつけていけばいいのでしょうか。

 

人気のエリアは土地が狭い場所が多い?

目黒区など、人気のエリアは土地が狭い場所も少なくありません。有名大学、文化施設、桜の名所など、住んでいく上でとても便利な場所です。そのため、坪単価が高く、土地が手に入りにくいのです。しかし、限られた土地でもお洒落で住みやすい家は建てられるのです。

 

狭小地を得意とする施工業者を選ぼう

狭小地の設計を得意とする会社は少なくありません。一般的な四角の土地ではなく、家を建てづらい変形土地が多い場合もあります。他の建物と密集していることもあり、いかにして土地を無駄なく使える業者に施工を依頼するかが大切です。

 

狭小地のメリットとは?

狭小地に自宅を建てるメリットは、土地代が安く済むので、土地にかかる費用も抑えることが出来ます。他にも土地の費用を抑えることで、自宅にお金をかけることが出来ます。そのため、狭小地にはお洒落でデザイン性の高い自宅が多く建っているのです。

 

狭小地のデメリットとは?

狭小地にはデザイン性の高い自宅を建てられるメリットがある分、2階建て、3階建てが当たり前になります。そのため、自宅内の移動が大変になるデメリットもあります。ただ、2階建てなどになるとデザイン性が高くなるので、狭小地を感じさせない自宅を建てることが出来るのです。

 

狭小地でもデザイン性次第で広さを感じられる?

中庭を作って緑を作ってみよう

狭小地に自宅を建てる場合「遊び心」を入れないと、ぎゅうぎゅうと詰め込んだ建物になってしまいます。逆にそういう建物になってしまうと、必要以上に「狭さ」を強調してしまう可能性があるのです。あえて、中庭を作ってしまうことで開放的な印象を作り、広さを作りだします。中庭を作る際、コの字型の間取りが一番理想的です。

 

スキップフロアを作ってみよう

狭小地に自宅を建てる際、一番頭を悩ませるのが部屋の配置です。淡々としたリビングなどにするより、スキップフロアを作って床や天井の高さに変化をつけることで、開放感や新鮮さを味わうことが出来ます。狭小地に自宅を建てる場合、いかにして開放感を作るか鍵となります。スキップフロアは無駄に思う人もいるかもしれません。しかし、あえてそういう部分を作ることで逆に開放感を得られるようになるのです。

 

屋上を作ろう

一般的な家屋スタイルでもいいのですが、狭小地であれば屋上を作っている建物も少なくありません。ベランダを作らず、屋上をフラットルーフにすることで洗濯ものを干すスペースを多く確保出来ます。しかし、防水工法をきちんとしないといけません。しかし狭小地を扱う業者は多くあるので安心してください。ルーフバルコニーなどを作ることで、開放感の高いプライベート空間が広さを感じさせてくれます。

 

各会社の強みを知ろう

各会社には、それぞれ「強み」を持っています。設計だけではなく、デザインやリノベーション、女性の好みに合わせやすいよう、女性建築家など会社によって強みは変わってくるので、自分の望んでいる建物を建てられるよう、さまざまな会社を見比べてみましょう。

 

狭さを感じさせないデザイン性のある自宅とは?

狭い土地に建っている自宅と言っても、窮屈さを感じさせないデザイン性の高い建物が多くあります。流行を取り入れながらも、シンプルなデザインの方が逆に狭さを感じさせません。長く愛着を持って住むためには、きちんとどのような家に住みたいかをしっかり考えましょう。

 

耐震性能が強い住宅にするには?

近年地震が多くなり、耐震性能が強い住宅を注文する人もいます。施工会社の中には、耐震性の高い住宅に強い会社もあります。目黒区には木造家屋ではなく、鉄筋コンクリート造りの住宅も珍しくありません。目黒区は人気住宅地として、多くの人が住んでいます。密集していることもあり、耐震性能が高い住宅にするのは基本と言っても過言ではありません。

 

密集地に強い会社を選ぼう

目黒区は人気が高く、住みやすい場所としても有名です。つまり、それだけ多くの住宅地があるということです。すべての住宅が狭小地ではありませんが、割合としては多い傾向があります。しかし、豪邸をメインに施工している会社に狭小地の住宅を注文しても、なかなか思い通りにならないこともあります。狭小地に住宅を建てる場合、そういったことに強い会社に選ぶのは当たり前のようです。

 

目黒区で注文住宅を依頼する時に気をつけることは?

狭小地に住宅を建てる際、1つの会社で選ぶのではなく、いくつかの会社と比較することを忘れないようにしてください。よほどその会社にほれ込んだと言うことがない限りは、会社による強みを比べるためにも、いくつかの施工会社に見積もりや相談をする必要があります。

 

注文住宅はお金をかければいいものではない

注文住宅を依頼する際、依頼主のコンセプトは必ず聞かれます。これはきちんと考えておかないと、自分の要望だけを詰め込んだ住宅になりかねません。もちろん、そういった住宅はゴチャゴチャとした雰囲気が出てしまうので、オシャレさ、住みやすさとは程遠い家になってしまいます。自分たちに必要な住宅はどんなものなのか、きちんと家族と相談をいてはっきりとしたコンセプトを持ちましょう。

 

現在建っている住宅を参考にしてみてもいい

デザイン性が高く、住みやすい家を建てるために現在近隣に建っている住宅を参考にしてみてもいいです。もちろん外観くらいしか見られませんが、施工会社に伝えることでイメージは伝わりやすくなります。最初から自分で決めずに、イメージだけを伝えた方が意外と施工会社には伝わりやすい場合もあります。

 

目黒区の注文住宅会社のデザイン性は?

目黒区の注文住宅を請け負う会社は、いくつもあります。ネットなどでは目黒区で検索をすると、施工会社などもヒットするので、そこの施工実績の写真などを見てもいいのではないでしょうか。イメージを伝えたからと言って、まったく同じ建物を建ててもらえるわけではありません。依頼主がどのような建物を望んでいるのか、それを知ることによって建築家がその人だけの家になるように設計をしてくれるのです。狭小地に建てる住宅は、基本的にデザイン性の高いものがほとんどです。土地が狭いからこそ、デザイン性の高い外観、内観は当たり前と言っても過言ではなくなって来ているのです。

 

目黒区は人気住宅地であり、特に桜の名所などから近い場所は土地単価も高く、人気があるため、なかなか自宅を建てることが出来ません。目黒区周辺を扱っている会社は、実績もあり、評価も高い会社がほとんどです。なので、依頼をする側としても安心出来ますし、少しでも心配が残る人は施工実績の建物を見せてもらうといいかもしれません。ただ、施工実績を見せてもらうのは現在の住んでいる人の許可が必要なので、確実に見せてもらえるかは分かりません。勝手に見せてもらえることはないので、きちんと実績を知りたい旨を伝えるようにしましょう。