住環境について

このページでは、目黒区の情報や交通アクセスについて紹介しています。

目黒区の住環境について知っておこう

目黒区には、「住みたい街ランキング」上位常連である青葉台や自由が丘、中目黒など、住宅地として人気の高い街が数多くあります。どの街にも、おしゃれなレストランやカフェ、ブティックなどが集まっており、ハイセンスなイメージが強いエリアです。また、柿の木坂、碑文谷、八雲などの高級住宅地もあるため、おしゃれの一歩先、シックな雰囲気も漂わせています。

交通アクセス・スポット

交通アクセスが良いことも大きな特徴です。渋谷から数キロという好立地、また、目黒区は電車の本数も多いため、夜遅くまで仕事をしてしまっても、電車の心配をする必要がありません。働く人にとって住みやすい街であると言えます。

しかし、目黒区が独身者向けの地域かというと、そうでもありません。春には桜が満開になる中目黒の目黒川沿いや、自由が丘にある約300mにわたってベンチが並べられた九品仏川緑道など、様々な世代が過ごせる憩いの場がありますし、下目黒にある広大な森公園、青葉台の西郷山公園、デイキャンプができる駒場野公園、ポニー園やこども動物広場、ボート乗り場など、家族で楽しめるスポットもたくさんあります。

北部(駒場・大橋・青葉台・東山周辺)・東部(下目黒・三田・中目黒・目黒周辺)エリアのアクセスについて

北部エリアは渋谷区と世田谷区に隣接した古くからの高級住宅地です。東京大学の駒場キャンパスがあることでも有名です。

青葉台周辺は目黒区内で最も地価が高くなっています。渋谷駅まで徒歩15分程ですが落ち着いた街並みです。

京王井の頭線「駒場東大駅」、東急田園都市線「池尻大橋駅」が利用でき、渋谷や三軒茶屋へはひと駅です。

東部エリアは目黒川と桜並木が有名な自然を感じられる街並みの多いエリアです。雑誌などで多く取り上げられるようなインテリアショップや洋服屋、飲食店など、お洒落なお店が多くあります。目黒区役所もこのエリアにあります。

東急東横線と東京メトロ日比谷線が交わる「中目黒駅」から恵比寿までは歩いて15分ほどです。また品川区との区界にある「目黒駅」も利用でき、JR山手線・東急目黒線・東京メトロ南北線・都営三田線が乗り入れる接続駅となっているため交通アクセスは非常に良く、通勤や通学にも便利です。

中央部(五本木・鷹番・中央町・祐天寺周辺)・西部(柿の木坂・自由が丘・大岡山・東が丘・八雲周辺)エリアのアクセスについて

中央部エリアは落ち着きのある住宅地で、新旧の良さを併せ持った街並みが魅力のエリアです。 東急東横線「祐天寺駅」「学芸大学駅」が利用できます。

東急東横線は東京メトロ副都心線が直通運転していて、東京方面へも横浜方面だけでなく埼玉和光市方面へもアクセスしやすい利便性の高い路線です。学芸大学から渋谷までは急行で6分です。

西部エリアの柿木坂や八雲周辺は都内でもトップクラスの高級住宅街です。自然豊かな駒沢オリンピック公園もあります。特に大人の女性からの人気が高い自由が丘もこのエリアです。

東急東横線「都立大学駅」から渋谷までは電車で約10分程度です。東急目黒線と東急大井町線の交わる「自由が丘駅」「緑ヶ丘駅」、東急目黒線「大岡山駅」などが利用できます。

南部(原町・洗足・南・碑文谷・目黒本町周辺)エリアのアクセスについて

南部エリアは神社仏閣、教会が多くある地域でもあり、静けさの中に厳格な雰囲気が漂っています。時代と文化を感じられる街並みがあります。

東急目黒線「西小山駅」「洗足駅」を利用でき、目黒駅まで5~6分です。

目黒駅はJRをはじめ4路線が乗り入れており、バスの路線網も発達していて便利です。

子育て環境

行政面でも目黒区は活発な活動をしています。待機児童数縮小の取り組みを積極的に行っており、2014年から認可保育園の増設や小規模保育事業が開始されました。保育施設の定員数は増加傾向にあるため、幼い子どもの預け先に困るような地域ではないといえます。

また、子どもが小学生になっても安心です。各住区には小学校の数より多い区立学童保育クラブが設けられているため、共働き世帯に対する支援体制ができています。他にも、経験豊富な委員が対応してくれる「子ども相談室」が開設され、放課後や休校日でも子どもが安全に過ごすための居場所づくりや、見守り体制を充実させる取り組みを行っています。

さらに、広大な東京大学の駒場キャンパスや、先端科学技術研究センター、都立国際高校などの教育・研究施設が集まっている地域でもあるため、子どもが成長しても住みやすい環境が整っています。

目黒区はきめ細かい行政サービスを実施するため、区域を22の「住区」に分割しています。それぞれの住区に行政サービス窓口を設けて地域密着型のまちづくりをすすめてきたため、地域活動も活発で、相互に助け合うコミュニティができています。このような部分から、防犯・防災のレベルは高く、目黒区の犯罪認知件数の少なさは23区内の中でも常に上位をキープしています。

お金で買えない「安全・安心」が目黒区にはあるのです。独身者だけでなく、子育て家族にとっても魅力的な環境が整う目黒区は、しばらく人気の街、住みたい街ランキングの上位にいつづけるでしょう。

目黒区は、以下でご紹介するような子育てに関する公的支援が、非常に充実しています。

訪問型病児・病後児保育利用料助成制度

保育施設を利用している小学生未満の子どもが病気やケガをした時に、両親が仕事などの理由でベビーシッターを必要とした場合、利用料金の一部を助成してもらえます。目黒区に住所があり、ベビーシッター利用の前後1週間以内に医療機関を受診していることが条件です。

1日10時間までで、1時間最大1,000円の助成が受けられます。1時間の利用料金が1,000円未満の場合は、実費分の助成となります。助成には上限があり、子ども1人につき年度内で40,000円が上限金額です。

認可外保育施設保育料助成制度

保護者が仕事や学業などの理由で子どもを保育施設に預ける必要があり、認可外の保育施設を利用した場合に費用の一部を助成してもらえる制度です。

助成対象には、いくつか条件があり、

  • 目黒区在住である
  • 認可保育施設に在籍していない
  • 保育の必要性の支給認定を申請している
  • 保護者が実際に仕事・学業を行なっている(求職中は不可)
  • 保育料を滞納していないこと

などの条件を全て満たしている必要があります。

助成金額は、各世帯の所得金額により異なり、5,000円~50,000円となっています。

私立幼稚園児の補助金

目黒区に住所がある私立幼稚園児には、3種類の補助金が設定されています。

入園料補助金

入園料に対する補助金で、一回のみの支給です。一律60,000円が上限で、入園料が60,000円以下の場合は実費が支給されます。

保育料補助金・就園奨励費補助金

月々支払う保育料や学納金に対する補助金です。このうち就園奨励費補助金は、子ども・子育て支援新制度に移行していない施設に通園している園児に対して支給されます。目黒区内の幼稚園である必要はありません。

補助金額は、所得や世帯の状況により異なります。

学童保育クラブ

目黒区在住、または在学している児童が利用できる施設です。保護者が仕事などの理由で放課後に子どもの面倒を見ることができない場合に預かり、保育します。利用する子どもは、指導員の元でさまざまな行事や学習、体験を行なうことができます。

対象年齢は施設により異なりますが、小学1年生~3年生、または6年生までの児童が対象です。

月曜から土曜日の放課後や、夏休みなどの休校日に利用できます。月額はおやつ代を含めて8,000円~で、世帯状況により減額や免除も申請により可能です。

目黒区ファミリー・サポート・センター

地域の中で子育てのサポートを行なっている組織です。子育ての支援を受けたい人と、支援をしたい人がそれぞれ会員登録を行ないます。

サポートを希望すると、協力会員によって保育施設や学校への子どもの送迎や、放課後などに一時預かりをしてもらえます。

また、利用できる時間は、協力会員が了承すれば自由に依頼できますが、協力会員が21時には帰宅できることが条件となっています。

子どもショートステイ(子ども家庭課子ども家庭支援センター係)

保護者が病気やケガ、出産・出張などの理由で一時的に子どもの世話ができない時に、目黒区内の児童養護施設でショートステイさせることができます。

区内に住む3歳~小学6年生までの児童が対象で、一回につき7日以内、月一度までの利用が可能です。

また、育児不安などで子どもを一時的に預けたい場合も、相談に乗ってもらえます。状況の聞き取りなどを経て、必要と判断された場合は利用することができます。利用料は、1人につき1日3,000円で、生活保護世帯は無料です。

子どものための諸手当

子どもの養育に関する手当には、以下のものがあります。

  • 児童手当
  • 児童育成手当(育成手当)
  • 児童育成手当(障害手当)
  • 児童扶養手当
  • 特別自動扶養手当

これらの手当には、それぞれ支給されるための条件があります。また、世帯の所得によっては支給されない場合があります。申請する際に、窓口で確認をしましょう。

子どもの医療費助成

目黒区内に住んでいて、健康保険に加入している子どもに対して、医療費の助成を行なう制度です。0歳から15歳までの、義務教育修了までの子どもが対象で、申請して医療証を受け取ることで、保険診療での自己負担分を助成してもらえます。

自費診療や、入院の際の差額ベッド代、健康診断、予防接種など、また交通事故でのケガなどは助成の対象外となるので、注意が必要です。

ひとり親家庭等医療費助成制度

離婚や死別・その他定められている理由によってひとり親で子どもを養育している場合に、医療費の助成が受けられる制度です。18歳になった最初の3月31日までの子ども、または20歳未満で中度以上の障害をもつと認定された子どもが対象です。

保険医療の自己負担額の一部または全額が助成されます。世帯の所得によっては、助成対象外となる場合があります。

今後の住環境も良くなっていくであろう見込み

特定地域の住環境について調査・研究をした『既成市街地住宅地の個別更新における空間改変と住環境諸要素の関係性の研究』[注1]では、目黒区を代表とする「地域に対するイメージが定着しているエリア」について言及されています。ここでは、こうした独自のイメージを持つエリアでは、住む人や建物が変わったとしても以前の過ごしやすさを維持し、良い方向へさらに好循環が起きることが示唆されているのです。

目黒区は昔から住宅地として注目されてきたエリア。論文では、目黒区の特定地域に対する調査を行い、住宅地の環境に影響を与える「街路幅」「緑化」などについての研究結果が報告されています。

これによると、目黒区は計画的に整備・街区形成された地区もあり、街路も広い道幅が確保されているとのこと。広々とした道路は、暮らしやすく、交通の便が良いことの証しでしょう。また、目黒区の住環境の良さを挙げるうえでは「緑化」も特徴。街路樹をはじめとした暮らしの中に溶け込む緑は、街の景観をよくし、人々に安らぎを与えてくれるものです。さらに、目黒区では緑化計画について「目黒区みどりの条例第15条から18条」の条例を定め、積極的に緑化を進めています。一定基準の樹木等を伐採するときには樹木の保全協議が必要になるなど、今ある樹木の保護も盛んです。

このようなことから、目黒区は「今、住みやすい」というだけでなく、今後も長きに渡って住みやすい街であり続けるのではないかと予想できます。

センシュアス・シティランキングでも4位

目黒区は、「魅力的な街」のランキングでも、全国4位、都内では3位という高ランクをマークしています。このデータは不動産情報サイト「HOME'S」を運営している株式会社ネクストの社内シンクタンク「HOME'S総研」の研究、「センシュアス・シティ・ランキング」[注2]によるもの。「センシュアス・シティ・ランキング」は、「感覚」「五感」に訴えかけてくる街の魅力を数値化して、ランキングにしようという試みです。

「センシュアス・シティ・ランキング」の評価は、「ロマンスがある」、「食文化が豊か」、「街を感じる」、といった合計8つのポイントで構成され、それぞれの評価点から作られています。この評価で目黒区は、すべてにおいて50点以上の得点をマーク。特に高得点なのが「ロマンスがある」と、「街を感じる」の2点です。「ロマンスがある」は、「素敵な異性がいる」「デートに行ったことがある」といったこと、「街を感じる」は、「活気のある街の喧噪を心地よく感じた」といったことが具体的な例として挙げられています。

目黒区には昔ながらの元気な商店街が残っているのと同時に、デートにも適した飲食店もあり、イベントなども開催されています。利便性の高い都心部でありながら、閑静な住宅地は、住みやすく、居心地の良い街だといえるでしょう。このようなことから、多くの人の支持を得て、都内3位という高評価につながったのだと考えられます。

「戸建と中古住宅と賃貸」

増加傾向にある目黒区の人口と世帯数

住環境が良く、住みたい街として人気の目黒区は、少子高齢化が進む昨今の日本でも人口は増加傾向にあります。

目黒区の住民基本台帳によるデータでは、2017年4月現在の目黒区の総人口は275,278人、世帯数は153,955戸と、前月比1,000以上のプラスの数字になっています[1]。

世帯数と人口を単純計算すると、1世帯当たりの人口が1.8人前後となり、単身者だけでなく家族住まいの世帯も多いことがわかります。

また、中でも東山2丁目や八雲、柿の木坂、下目黒5,6丁目の世帯当たりの人口が高く、ファミリー層に人気の地域となっています。

目黒区の一戸建てと注文住宅の割合

日本ポスティング協同組合の調査によりますと、目黒区の世帯数119,479件の内、一戸建ては34,104戸、集合住宅は82,514戸、長屋・その他は2,861戸となっています。

駅周辺は高層マンションも目立ち、集合住宅の割合が多いかと思いきや、意外と一戸建ての件数が多いのに驚かれるかもしれません[2]。

中でも、洗足や南、大岡山、八雲、東が丘などの一戸建て件数が多く、集合住宅に迫るほどの割合数となっています。

こうした高級住宅街は落ち着いた雰囲気で住みやすく、一戸建ての注文住宅を建てる際にも適したエリアとして人気です。

戸建てと中古住宅と賃貸にかかる費用相場

いつかは一戸建てを持ちたいと思ってはいても、なかなかまとまった資金が用意できないと踏み切れないものです。資金を溜めるまでは賃貸で我慢という人も多いでしょう。

しかし、目黒区の賃貸物件の家賃相場は高く、目黒区で賃貸物件に住み続けながら資金を貯めるのは容易ではありません。

目黒区の賃貸物件の家賃相場は、単身者が住むワンルームや1Kでも8万円~9万円ほど、夫婦や家族で住むための2DK~3LDKともなると、家賃相場は15万円~25万円ほどにもなります。

神奈川や東京都下なら、同じくらいの広さで10万円ほどの家賃で済む物件も多いので、一戸建てを建てるために、目黒区で賃貸に住み続けるのは得策とは言えないかもしれません。

それに対して、目黒区で一戸建てを建てる場合、土地単価は一坪300万円前後と、同じ東京23区の品川区や世田谷区と比べても比較的高めですが、需要や資産価値が高いので後々まで大切な資産として受け継ぐことができるでしょう。

さらに注文住宅で一戸建てを建てる場合、総費用は安くても7,000万円、面積が広ければ1億円を超えることも珍しくありません。

非常に大きな買い物ではありますが、目黒区で中古のマンションを購入する場合は、5,000万円~7,500万円ほどが相場となるため、好きなように設計してもらえて長く住み続け、不動産運用としての価値が高い一戸建てのほうが、さまざまな面において利用しやすい資産となるでしょう。

賃貸物件とは一線を画す住宅街の一戸建て

目黒区とひとくちに言っても、最寄り駅や地区によってその雰囲気は大きく異なり、単身者の住む賃貸物件の多いエリアと、一戸建ての多い高級住宅地では住やすさにも違いがあります。

飲食店やビルの多い賑やかなエリアに住むか、緑の多い閑静な住宅街に住むかは、目的や生活サイクル、好みなどによって分かれますが、やはり家族で長く住み続けることを考えれば、落ち着いた住宅街に居を構えたいところ。

第一種低層住居専用地域ならば、高層マンションや高い建物がないので一戸建てでも日当たりが良く、静かな住環境を手に入れることができます。

目黒区で一戸建てを建てるのなら、地域、立地にもこだわりたいですね。

ご紹介したデータをもとに、一戸建ての多い地域などを参考にして、ベストの立地を検討してみてください。

【参考URL】

参考[1]:町丁別世帯数および人口表_目黒区公式ホームページ
http://www.city.meguro.tokyo.jp/gyosei/tokei/tokei/jinko/setaisu/index.html

参考[2]:目黒区世帯数_日本ポスティング協同組合
http://www.pos-kanto.jp/tokyo/meguro.html