HOME » 目黒区に住む前に知っておいてほしいこと » 目黒の注文住宅のデザイン性とコスト相場を解説

目黒の注文住宅のデザイン性とコスト相場を解説

 注文住宅をどこに頼むか

家づくりは、まずどこに依頼するかを決めることが肝心です。その後の流れや仕上がり、費用も大きく違ってきます。注文住宅を目黒で建てる際、デザイン性にこだわるならどこに頼むのがよいか、比較してみましょう。

 

ハウスメーカー

大手の住宅建築会社は独自の住宅商品を開発しており、ハウスメーカーとも呼ばれています。デザインはもとより、自社の最新技術を導入しているのが特徴です。オリジナルの住宅を全国規模で宣伝できることからも、話題性の高さに多くの人が注目しています。

 

ハウスメーカーにも注文住宅を依頼することは可能ですが、そもそもが仕様やデザインなどが決まった規格商品をメインに売り出しているため、注文住宅の自由度は低めです。とはいえ、事前にモデルハウスを見ながらイメージをつかめるのはメリットといえるでしょう。他にも、大手ならではの安心感や保証期間の長さなどにメリットを感じる人もいます。

 

設計事務所

こだわりの注文住宅をお気に入りの設計士に依頼する人が、増えてきています。設計士への依頼は費用が高いと思われがちですが、設計費用自体は案外リーズナブルです。おしゃれな注文住宅が目立つ目黒では、デザイン性に優れた物件をよく見かけます。設計士ごとに得意とするデザインがありますから、イメージする住宅に近い設計の実績がある人や、モットーに共感できる設計士を選ぶとよいでしょう。

 

設計事務所に注文住宅を依頼する場合、施工は工務店に別注したり、提携している工務店があったりします。最近では、設計事務所と工務店が一体型になっている業態もありますから、より注文住宅の自由度が高まりそうです。

 

工務店

工務店にも中小の規模があり、いってみれば地元の住宅建築会社のような存在です。ハウスメーカーのように自社商品を持っていることが少なく、基本的にフルオーダーの注文住宅を請け負っている業者となります。施工も自社で行うことから、コストパフォーマンスが優れているのがメリットで、特殊な注文にも応えてくれようとする姿勢が好感です。設計士と連携している場合や、設計士が常駐しているタイプの業者がいて、デザイン自体は設計士との相談をすることになります。

 

木造か鉄構造か

注文住宅を建てるときは、デザインだけでなく住宅の構造や工法についても考えなければなりません。日本で圧倒的に多数を占めているのは木造住宅ですが、鉄骨や鉄筋コンクリートといった選択肢もあります。それぞれのメリットとデメリットについて、見ていきましょう。

 

木造

木材を構造に使っているのが、木造住宅です。木造住宅の大きなメリットは、2つあげられます。1つは建築費用がリーズナブルであること、もう1つは間取りやデザイン性の自由度が高いことです。他の建築材に比べると軽量な材料を使用するため、基礎工事に手間取らないといった利点もあります。最近注目を浴びている断熱性に優れた住宅も、木造建築であれば簡単に工事が完了します。リフォームや増築などに、適応しやすいのも、魅力的なポイントです。

 

メリットが多い反面、耐久性の低さは他の構造に比べると低いのが特徴です。劣化を防ぐためには、防蟻や配管、外装などのメンテナンスをこまめに行う必要があります。設計するときに、メンテナンスがしやすい仕様にしておくのも一つの対策方法です。火災に弱い点は、外装の仕上げ材や軒天材、防火戸の使用で対策することもできます。他の素材よりも燃え尽きるまでに時間がかかる点は、評価してよいでしょう。

 

鉄骨構造

鉄骨構造の住宅には、軽量鉄骨造と重量鉄骨造の2種類があります。鋼材の厚さが6mm未満か6mm以上かによる違いですが、いずれも品質に安定性があり耐震性に優れているのがメリットです。大きな空間を作りやすく、コストでは木造住宅と鉄筋コンクリート住宅の中間程度と見てよいでしょう。

 

デメリットとしては、材料が規格化されていることからリフォーム時に自由な設計がしにくい問題があります。また、結露やカビが発生しやすく、火災が発生したときに長時間もたないといった弱点も気になります。

 

鉄筋コンクリート構造

木造住宅と同様に、デザインの自由性が高いのが鉄筋コンクリート構造のメリットです。鉄筋をコンクリートにて覆った構造で、耐久性と気密性が高いのも魅力といえます。鉄筋は張力に強く、これに圧縮力の高いコンクリートが組み合わされているためです。

 

自由度が高く、安心して居住できる構造でありながら、鉄筋コンクリート造の住宅は費用が高く工期も長くなりがちなのがデメリットです。解体費も高価なため、長い目で検討することが必要になります。結露やカビにも弱く、建築材の重量があることから、建築する土地を選ぶのも特徴です。

 

3種類のデザイン

住宅のデザインには、大きく分けて3つの種類があります。それぞれのデザインについて、紹介しましょう。

 

和モダン

和モダンは、和風と洋風の雰囲気を兼ね備えた住宅です。日本の伝統的な住宅の趣を見せながらも、純日本家屋より現代的な気品をかもし出しています。好みにもよりますが、二世帯住宅にもふさわしく、飽きがきにくいのも特徴です。

 

シンプルモダン

シンプルモダンな外装の住宅は、目に入った瞬間に変わった住宅だという印象を受けます。従来の住宅の余分なところをそぎ落としたようなシンプルさは、一見無機質なイメージもありながら現代感にあふれています。SNS映えするような住宅のデザインといってもよく、今とても人気の高いデザインといってよいでしょう。

 

洋風

洋風の住宅には、アメリカンカントリー風、北欧風、レンガ造りの英国風、フレンチカントリー風など様々な種類があります。施主の好みが出やすいところで、住宅街の中でも高い趣味性を感じられます。外装や庭にも強くこだわったケースが多い洋風住宅は、まるで外国の家に暮らしているような夢のある居住空間です。

 

予算別の注文住宅

注文住宅のコストは、平均して3,000万円程度という説もあります。当然、施主によって予算が異なるものですから、予算別に見た注文住宅の特徴を見ていきましょう。

 

1,000万円台

1,000万円台で注文住宅が建てられるのかと疑われるかもしれませんが、1,000万円台の注文住宅の実例は珍しくなくなってきました。外観も間取りもコストを最大限に抑えているのが特徴で、シンプルモダンな住宅では1,000万円以下のケースすら出てきています。長方形や正方形のデザインで、1階と2階の床面積は同じくするとコストダウンが可能です。

 

2,000万円台

1,000万円台よりは余裕が出てくる2,000万円台の注文住宅ですが、どこに予算をかけるかによっても仕上がりは違ってきます。そのため、施主のこだわりが突出して出てきやすいのも特徴です。例えば、シンプルな外装や間取りながら、窓やドアにこだわりを持つことや、バスルームにお金をかけるといった贅沢もできます。

 

3,000万円台

設備にも建築資材にもこだわり、平均的なグレード以上の注文住宅を建てられるのが3,000万円台の予算です。間取りや外観に憧れを実現しやすいぶん、イメージも平均的なものにおさまる可能性が高いため、個性的な注文住宅にこだわりたい場合は設計士と念入りに打ち合わせをするようにしましょう。

 

注文住宅を目黒で建てる際のデザイン性やコストとの関係について、参考になりましたでしょうか。限られた予算の中でも、希望を前面に押し出した理想的な注文住宅を建てやすい時代になっています。まずは、良い設計士やハウスメーカーとの出会いを見つけてください。