目黒区のおすすめ注文住宅紹介サイト|悠々MEGURO » 知っておきたい建築工法7種の比較 » S造(鉄骨造)のメリット・デメリット

公開日: |更新日:

S造(鉄骨造)のメリット・デメリット

ここでは、優れた強度を持つ鉄骨造のメリット・デメリットを紹介します。

S造(鉄骨造)とは

鉄骨造とは、骨組み部分に鉄骨を用いた工法です。正確には鉄の合金である鋼(Steel)が使われていることから、S 造と言われることもあります。鉄骨造には使用する素材の重さによって、重量鉄骨造と軽量鉄骨造に分けられるため、それぞれの特徴を以下に紹介します。

重量鉄骨造

使用する鋼の厚さが6mm以上の建物を、重量鉄骨造と呼びます。1本1本が丈夫なため少ない本数で建てることができ、その分間取りの自由度も高いことが特徴です。ラーメン構法という、接合部を強力に接合する構法で建てられることが多いこともポイントです。

重量鉄骨造のメリット

重量鉄骨造は天然の素材である木材に比べ、品質にばらつきが出ないことが大きな特徴です。また、組み立ても木造在来工法のように熟練の技が問われることもなく、誰が建てても安定した品質を供給できることもメリット。

重量鉄骨造の場合、材料が太くて丈夫なことから耐震性や耐火性にも優れています。法廷耐用年数も34年(※)と長く、耐久性の面でも安心して住み続けられるでしょう。また重量鉄骨造りは軽量鉄骨造に比べて柱の本数を少なくできることから、吹き抜けなどの開放的な空間や自由な間取りが実現しやすいこともポイントでしょう。

参照元:合同会社山田建設https://y-kensetu.jp/blog/category2/116222

重量鉄骨造のデメリット

木のように調湿効果を持たない鉄骨造は、結露しやすいことがデメリット。結露によって鋼が錆びてしまうと耐久性に影響を及ぼすため、防錆処理は欠かせません。また気密性が高い分通気性が悪いことや、断熱性がないことで夏は暑く、冬は寒いという室内環境になりやすいこともデメリットの一つです。

重量鉄骨造は特に、その重さゆえ、地盤が安定していないと建築することができません。地盤の状態によっては、追加工事や地盤改良工事などに想定外のコストがかかることも。元々木造に比べて材料費にコストが多くかかるため、予算はしっかり確保しておく必要がありそうです。

軽量鉄骨造

使用する鋼の厚さが6mm未満の建物を、軽量鉄骨造と呼びます。木造住宅のように柱 +梁+筋交いで構造をつくることが多く、鉄骨造の注文住宅はほぼ軽量鉄骨造で建てられています。

軽量鉄骨造のメリット

軽量鉄骨造も重量鉄骨造と同じく、工場で大量生産できる素材のため品質が安定していることがメリットです。また工期は4ヵ月程度と比較的短いこともポイント。工期が短ければ人件費を抑えられ、コストの削減につながります。

軽量鉄骨造の場合は軽くてもしっかり強度があるため、耐震性の面では安心できる丈夫さを持っています。

軽量鉄骨造のデメリット

軽量鉄骨造も重量鉄骨造と同じく結露が発生しやすいことがデメリット。夏は暑く、冬は寒い点も同じです。

重量鉄骨造と異なる点として注意したいのが、耐火性が高くないことです。重量鉄骨造の場合は部材が太いため、耐火被覆処理を施せば木造よりも耐火性が高いことがメリットでした。しかし、軽量鉄骨造の場合は鋼が薄いため熱に弱く、火災で急激に家の強度が弱まる心配があります。ただし、耐火処理処理を行うことでこの心配は軽減できます。

まとめ

鉄骨造は耐震性や品質の安定性において優れた建築方法といえます。一方で湿気や熱に弱いため、防錆処置や耐火被覆処理などは必ず行ってもらいましょう。

住宅には他にもさまざまな工法があります。当サイトでも他の工法について紹介しているので、気になる方はぜひそちらもチェックしてみてください。

その他の木造工法

木造在来工法(木造軸組工法)

木造在来工法とは、日本に古くから伝わる伝統的な工法を元に、発展・簡略化させたものです。現代の木造住宅においてもメジャーな工法であり、木造住宅の多くが在来工法で建てられています。

木造在来工法(木造軸組工法)の
メリット・詳細はこちら

2×4工法

2×4工法とは、2インチ×4インチの角材をベースに、耐力パネルを組み合わせてつくる北米由来の工法です。木造在来工法が柱と梁の「線」で支えるのに対し、壁をすべてパネルで構成するという「面」で支えているというのが、2×4工法の大きな特徴です。

2×4工法の
メリット・詳細はこちら

2×6工法

2×6工法とは、2インチ×6インチの角材と耐力壁を使って構造をつくる建築方法です。木造建築の一般的な工法の一つに2×4工法がありますが、それをさらに強化したものと考えてOK。木造在来工法や2×4工法と比べ、強度や性能面だけ見れば優れた工法といえます。

2×6工法の
メリット・詳細はこちら

SE構法(木造ラーメン工法)

ラーメン構造とは、柱と梁で組まれた骨組みを、接合部が離れないよう強力に接合する構造のことです。木造ラーメン構法で使用する部材は、柱と梁には集成材、接合部にはSE工法の提唱元である株式会社NCNが独自開発した、SE金物を使用します。

SE構法(木造ラーメン工法)の
メリット・詳細はこちら

RC造(鉄筋コンクリート造)とは

RC造とは、柱や梁が鉄筋とコンクリートで構成されていて、鉄筋を組んだ型枠にコンクリートを流し込んで固めたものを指します。耐火性・遮音性に優れた工法です。

RC造(鉄筋コンクリート造)の
メリット・詳細はこちら

SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)とは

SRC造とは、S造(鉄骨造)とRC造(鉄筋コンクリート造)を掛け合わせた工法です。鉄骨の骨組みの周りに鉄筋を組んでコンクリートで固めることから、耐久性は住宅の中でも優れています。大規模なビルの工法として用いられます。

SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)の
メリット・詳細はこちら

   
目黒区でおすすめの
注文住宅会社3選はこちら
ここでは当サイトに掲載している目黒区に対応している工務店76社の中から、目黒区または目黒区に隣接している区にある一級建築士事務所登録と建設業許可を保有している、設計から施工まで一貫して行い目黒区を熟知していいるおすすめ工務店をご紹介します。(2021年12月時点)
間取り・デザイン
にこだわるなら
ホープス
ホープスの施行事例

引用元:ホープス公式HP
https://archi-hopes.co.jp/works/

  • SE構法だから実現できる
    大空間のリビング!

選定基準:一級建築士事務所登録と建設業許可があり、大空間が確保できるSE構法のプレミアムパートナー企業で、目黒区または隣接している区に本社がある会社の中から、もっとも施工事例の多い企業(2021年12月時点)。

公式HPで施工事例を見る

電話で
問い合わせる

断熱性能
にこだわるなら
マツミハウジング
マツミハウジングの施行事例

引用元:マツミハウジング公式HP
https://www.matsumi.com/gallery.html#gallery01

  • 北海道基準並みの
    断熱性能!(※)
           

選定基準:一級建築士事務所登録と建設業許可がある、自社一貫施工している目黒区対応のビルダーの中で、UA値、C値を公開しており、値がもっとも低い(断熱性能が高い)会社(2021年12月時点)。
※参照元:マツミハウジング公式HP(https://www.matsumi.com/voice_104.html)

公式HPで施工事例を見る

電話で
問い合わせる

予算
にこだわるなら
BLISS
BLISSの施行事例

引用元:BLISS公式HP
https://bliss-d.com/works/narrow/709/

  • 坪単価45.0万円~(※)
    ローコスト住宅

選定条件:一級建築士事務所登録と建設業許可があり、「ローコスト住宅」をその会社の方針として公式サイト内に明記されており、SUUMOで坪単価を公開している目黒区対応の、もっとも坪単価の最低価格が安い会社(2021年12月時点)。
※参照元:suumo(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_blissd/?suit=STcr20181206002)

公式HPで施工事例を見る

電話で
問い合わせる