目黒区のおすすめ注文住宅紹介サイト|悠々MEGURO » こんな家に住みたい!目黒の家施工事例集 » 目黒の家~省エネ住宅編~

公開日: |更新日:

目黒の家~省エネ住宅編~

このページでは省エネ住宅とはどのようなものか、またそのメリット・デメリットについて説明しています。

省エネ住宅とは

最近では、節電やエコロジーなどの重要性が見直されていますが、家を建てる際にも省エネを無視することはできないでしょう。
「省エネ住宅」と呼ばれるものについては、国が定める基準がありますので、家を建てる際の参考にしてください。
その基準となるものは、1980年に制定された「エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)」によるもので、現在に至るまで改正を繰り返してきました。
基準をクリアするためには、屋根や壁、床などの材質で断熱性能を上げたり、年間の冷暖房の使用量でエネルギー消費量を測ったりして、住宅の性能アップを目指しています。
つまり、いかにエネルギーを消費せずに済むことができるかを評価するものなので、断熱材やサッシで外の暑さ寒さが室内に影響しないようにしたり、冷暖房やガス器具などを効率よく稼働させられるかということに重点が置かれている住宅ということになります。
「省エネ住宅」として認められると、ご家庭での電気やガスの使用量を抑えられるだけでなく、さまざまな優遇が受けられるというメリットもあります。

省エネ住宅のメリット

外気の影響を受けにくい

暑さや寒さ、湿気などの外気の変動に影響を受けにくいので、いつでも快適な室温・湿度を保ちやすくなります。

電気やガスの消費量を抑えて節約になる

気温の影響を受けにくいので、冷暖房や給湯の使用量が減り、電気代やガス代の節約になります。太陽光発電などで、自宅で電力をまかなえる場合もあります。

人にも地球にもやさしい

電気やガスの消費量を減らして、二酸化炭素の排出量の削減やエネルギーの温存が可能になるので、将来的に地球を守ることにもつながります。

補助金などの優遇が受けられる

省エネ住宅と認められると、国や地域の補助金を受けられたり、住宅ローン減税などの優遇が受けられるようになります。

住宅そのものの機能性や耐久度が高い

省エネを実現するために、機能性の高い断熱材や建具を使用するため、遮音性や耐久性などが高い家に仕上がります。また、気温の変動が少なく、結露なども起こりにくいので湿気がこもりにくくカビやダニの繁殖を抑えるなど、副次的なメリットもあります。

省エネ住宅のデメリット

家を建てる際の費用が高め

通常よりも高性能の材料や建具、機器などを設置することになるため、家を建てる時の費用は通常と比べて高めになります。太陽光発電は長い目で見たら大きな節約になりますが、設置のためには100万円以上費用がかかることも少なくありません。

施工例が豊富な業者に依頼する必要がある

省エネ住宅はすべての業者に義務付けられたものではないため、対応できる設計士やスタッフが限られている場合もあります。制度や基準をしっかり理解していて、省エネ住宅の施工例が豊富な業者を探す必要があるでしょう。
特に、補助金や減税措置を受けるためには、断熱性能やエネルギー消費量などの等級を明示してくれるところや、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の施工を実施していることが条件になってきます。

省エネ住宅の補助金

地域型住宅グリーン化事業

長期優良住宅や低炭素住宅などの木造住宅を新築する場合などに、100万円~165万円ほどの補助金が交付される制度。

工務店などの中小企業のグループが国に応募して、採択された場合に補助金が受けられるようになるので、どの業者でもいいというわけではありません。

参照元:地域型住宅グリーン化事業評価事務局http://chiiki-grn.jp/

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業

断熱性能が高く、太陽光発電などで電力を生み出すことでエネルギーの収支がゼロとなる住宅「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)」の新築や購入時に利用できる制度。

基準を満たせば、70万円に加えて蓄電システム補助として最大30万円の補助金が受けられます。

参照元:経済産業省資源エネルギー庁https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/housing/index03.html

減税措置など

補助金制度のほかに、住宅ローン減税の限度額の引き上げ、所得税の特別控除(長期優良住宅の新築など)、登録免許税の税率の引き下げ、不動産取得税の課税標準の特例など、税金優遇措置が受けられます。

省エネ住宅の施工事例

イデアホーム

ZEH仕様で猫も快適に暮らせる家

引用元:イデアホーム公式HP
https://www.idea-h.net/example/zeh_house/

断熱補強や高断熱サッシ、オール電化、太陽光発電などを備えたエネルギー収支0のゼロ エネルギーハウス(ZEH)。

天然住宅

床暖房と断熱内窓で温熱環境抜群の家

引用元:天然住宅公式HP
https://tennen.org/house_contents/4950

無垢材をふんだんに使用した広々としたLDKには大型のアイランドキッチン。床にはグループ会社「素材工房」のオリジナル商品である蓄熱式の床暖房、窓には木製の断熱内窓を用いており、外の気温に左右されない暖かな環境を維持できます。

   
目黒区でおすすめの
注文住宅会社3選はこちら
ここでは当サイトに掲載している目黒区に対応している工務店76社の中から、目黒区または目黒区に隣接している区にある一級建築士事務所登録と建設業許可を保有している、設計から施工まで一貫して行い目黒区を熟知していいるおすすめ工務店をご紹介します。(2021年12月時点)
間取り・デザイン
にこだわるなら
ホープス
ホープスの施行事例

引用元:ホープス公式HP
https://archi-hopes.co.jp/works/

  • SE構法だから実現できる
    大空間のリビング!

選定基準:一級建築士事務所登録と建設業許可があり、大空間が確保できるSE構法のプレミアムパートナー企業で、目黒区または隣接している区に本社がある会社の中から、もっとも施工事例の多い企業(2021年12月時点)。

公式HPで施工事例を見る

電話で
問い合わせる

断熱性能
にこだわるなら
マツミハウジング
マツミハウジングの施行事例

引用元:マツミハウジング公式HP
https://www.matsumi.com/gallery.html#gallery01

  • 北海道基準並みの
    断熱性能!(※)
           

選定基準:一級建築士事務所登録と建設業許可がある、自社一貫施工している目黒区対応のビルダーの中で、UA値、C値を公開しており、値がもっとも低い(断熱性能が高い)会社(2021年12月時点)。
※参照元:マツミハウジング公式HP(https://www.matsumi.com/voice_104.html)

公式HPで施工事例を見る

電話で
問い合わせる

予算
にこだわるなら
BLISS
BLISSの施行事例

引用元:BLISS公式HP
https://bliss-d.com/works/narrow/709/

  • 坪単価45.0万円~(※)
    ローコスト住宅

選定条件:一級建築士事務所登録と建設業許可があり、「ローコスト住宅」をその会社の方針として公式サイト内に明記されており、SUUMOで坪単価を公開している目黒区対応の、もっとも坪単価の最低価格が安い会社(2021年12月時点)。
※参照元:suumo(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_blissd/?suit=STcr20181206002)

公式HPで施工事例を見る

電話で
問い合わせる