デザインや坪単価で比較!目黒区でおすすめの注文住宅会社 » 目黒区に住む前に知っておいてほしいこと » 目黒の注文住宅の耐震性能を解説
  

目黒の注文住宅の耐震性能を解説

耐震住宅のメリット・デメリット

地震や台風による揺れに対し、住まいを守る機能が搭載されている耐震住宅。耐震住宅は揺れに耐えるだけでなく、さまざまなメリットがあります。その反面、いくつかのデメリットもあるため、あらかじめ情報を集めておくことが重要です。

耐震住宅のメリット

地震対策費用を抑えられる

耐震住宅を建てれば地震対策にかかる費用を抑えられます。地震に備える性能には、耐震性だけでなく制震や免震などがあり、この2つの性能を設置するには数十万円から数百万円の費用が必要です。しかし、耐震住宅は免震性や制震性を有した住まいよりもリーズナブルに抑えられ、さらに工期も短いというメリットがあります。

台風による揺れにも強い

耐震住宅というと「地震に強い家」というイメージがありますが、上下の揺れにも左右の揺れにも強いため、強風や台風による影響を受けにくい性質も持っています。日本では毎年のように台風が発生するので、風によるエネルギーにも耐えられる住まいは、より安全性が高いことがメリットです。

設置制限がない

一般的に、免震性の高い住まいを建てる場合、地下室が設けられないといった制限がかかります。一方で、耐震住宅の場合は地下室なども自由に設けられるため、設計の自由度が高いことが特徴です。性能を重視するあまりデザイン性に欠けることとなっては、理想的な住まいは実現できません。そういった面でも、耐震住宅は制震性・免震性に優れた住まいよりも仕上がりに対する満足度が高いことがメリットです。

耐震住宅のデメリット

住宅が損傷するリスクが高まる

耐震住宅は地震によるエネルギーが住まいへダイレクトに伝わりやすい住まいです。そのため、構造躯体がダメージを受けやすいことがデメリット。地震による倒壊などは免れても、壁や柱にヒビが入ったり、積み重なったダメージにより劣化が早まったりするなどのリスクもあるでしょう。

家具が転倒しやすい

地震に耐えるほどの強さを持つ耐震住宅ですが、地震発生時には室内の家具などが転倒しやすいというデメリットがあります。家具や小物類が転倒することでケガをしやすくなるだけでなく、火災などの二次災害を招く可能性もあるでしょう。地震発生後の火災は大ケガにも繋がるので注意が必要です。

耐震性能を高める工法とそれぞれの特徴

耐震性能を高める工法には、壁を増やす、耐震ブレースを設置する、カーボンファイバーを設置する、スリットを設置するといった4種類が存在します。

壁を増やす工法

耐震性の高いコンクリート壁を増やして、住まいの強度を向上させる工法です。住まいの強度が大幅に上がるというメリットがあります。

耐震ブレースを設置する工法

補強が必要な壁にV字型やX字型のブレースをはめ込み、強度を向上させる工法です。大型建築物によく採用される工法で、学校や公共施設で目にすることが多いでしょう。

カーボンファイバーを設置する工法

鉄骨や壁をカーボンファイバーで補強し、地震による揺れの影響を受けにくくします。柱にも設置することが可能で、地震発生時に壁掛け時計やテレビなどの家具の転落を防ぐのにも役立つでしょう。

スリットを設置する工法

「隙間」の意味を持つスリットは、文字通り壁や柱の間に隙間をつくる工法です。隙間を設けることで地震による揺れを分散させ、住まいの損壊を防ぐことができます。

耐震と免震・制震の違い

耐震と免震の違い

耐震性が「揺れに耐える性能」であるのに対し、免震性は「揺れによるエネルギーを伝わらないようにする性能」を指します。免震技術は建物と地盤の間にベアリングや積層ゴムなどの免震装置を設け、地震によるエネルギーを10分の1程度に低減可能です。構造躯体が損傷を受けないため何度も続く揺れにも強く、二次災害を防ぐのにも役立ちます。

耐震と制震の違い

制震性は揺れによるエネルギーを構造部分で吸収・分散し、地震による住まいの倒壊を防ぐことが可能です。制震ダンパーや制震パネルを損傷しやすい壁や柱間などに取り付けるという工法が用いられ、導入には50万円程度の費用が必要になります。ハウスメーカーによっては独自の制震システムを用意しているため、特徴や違いをチェックしてみると良いでしょう。

まとめ

耐震住宅は、地震対策への費用を抑えつつ住まいの倒壊といったリスクを回避できる高い性能を持っています。ただし、地震によるエネルギーがダイレクトに住まいへ伝わるため、建物のダメージや家具の転倒などは避けられません。また、単純に耐震住宅といっても工法はさまざまなので、どの工法を採用するかをしっかりと考えておく必要があります。

目黒区でおすすめの
注文住宅会社3選はこちら
ここでは公式HPで土地探しに対応していると記載し、坪単価を公式サイトやSUUMOで公表している目黒区対応の注文住宅3社をピックアップ。デザインの特徴や坪単価などで比較しました。
アートディレクターと建てる
「自分だけの家」
ACE PLUS
  • 引用元:4D/GROUND WORK公式HP
    https://4dg.jp/works/newly-build/residence-13/
    タップすると事例の詳細ページへ飛びます

  • 引用元HP:4D/GROUND WORK公式HP(ACE PLUSとコラボ)
    https://4dg.jp/works/renovation/residence-9/
    タップすると事例の詳細ページへ飛びます

  • 引用元HP:4D/GROUND WORK公式HP(ACE PLUSとコラボ)
    https://4dg.jp/works/newly-build/residence-7/
    タップすると事例の詳細ページへ飛びます

  • 一級建築士による完全自由設計
  • 投資で鍛えたプロによる土地探し
参考坪単価:
60万円~

公式HPで
施工事例を見る

電話で問い合わせる

ひと目でわかる王道の
「デザイン住宅」
フリーダムアーキテクツデザイン
  • 引用元:フリーダムアーキテクツデザイン公式HP
    https://www.freedom.co.jp/architects/case639/
    タップすると事例の詳細ページへ飛びます

  • 引用元HP:フリーダムアーキテクツデザイン公式HP
    https://www.freedom.co.jp/architects/case677/
    タップすると事例の詳細ページへ飛びます

  • 引用元HP:フリーダムアーキテクツデザイン公式HP
    https://www.freedom.co.jp/architects/case678/
    タップすると事例の詳細ページへ飛びます

  • 「お客様本位設計」の家づくり
  • 設計契約すれば土地探しが可能
参考坪単価:
60~80万円

公式HPで
施工事例を見る

電話で問い合わせる

国産材にこだわった
「日本の家」
伊佐ホームズ
  • 引用元:伊佐ホームズ公式HP
    https://www.isahomes.co.jp/azekura/index.html
    タップすると事例の詳細ページへ飛びます

  • 引用元HP:伊佐ホームズ公式HP
    https://www.isahomes.co.jp/works/photo/
    タップすると事例の詳細ページへ飛びます

  • 引用元HP:伊佐ホームズ公式HP
    https://www.isahomes.co.jp/works/photo/
    タップすると事例の詳細ページへ飛びます

  • 自社施工で腕利きの職人が対応
  • ・長い営業歴で土地探しもサポート
参考坪単価:
80万円~

公式HPで
施工事例を見る

電話で問い合わせる